FC2ブログ

HI-BRIGHT TIMES龍也のブログ

ハイブラ龍也の日常日記ナリ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

HIPHOPの歴史3

2014.06.30

category : その他

昨日は船橋IRIEにBounce時代や久しぶりの生徒”ミホ”が来てくれました。
前にも書いたけど、昔の生徒がまた来てくれるっていうのは本当に嬉しいものなのです。


やっぱりダンスが好きなヤツはずっと好きなんだなー!と嬉しくなります。




と、本題ですが、
HIPHOPの歴史3
本当に最初軽い気持ちで書き始めたのですが、結構見てる人もいるみたいなのでちゃんと書くのが難しく、そして怖くなってきたので今回で終わりにしよう!(笑)


今のとこツッコまれてませんが、歴史はいつだって諸説あって難しいのです!
基本生徒とか生徒のかあちゃん向けに書いてるのて、かなり雑な部分もありますので、了承の上読んでね!


さて、いい訳は置いといて。
前回の2よりずいぶん間が空きました。


west sideのギャングスタラップの事とか書こうと思ってたんだけど、そういうのはネットを調べると沢山キチンと載ってるので、俺は切り替えて国内の事書こうと思います。



日本におけるHIPHOPが認識されてきたのはやっぱりNew jack swingからが一般的だと思います。
1番わかりやすいのは前回も出たMC Hammerじゃないでしょうか。
5821a.jpeg


本場アメリカじゃ、全然認められなかったとか、ヘタクソだからMCを取れ!とDisられてHammerになった事もありましたが、日本でのHIPHOPダンスってのを認知させるのに一役かった事は事実です。



自分も実はダンス始めたキッカケはMCハマーなのです。
当時一気に売れて、来日もして、とんねるずがゴールデンの番組でPVを真似たものを流したりしてました。


石橋貴明→MCハマー
木梨憲武→マイケルジャクソン


みたいな構図で盛り上がって本当にマイケルのライバルの様な扱いでした。


なんで売れたかって、ラップしながらここまでダンスを踊ったのは始めてだったんじゃないでしょうか。
とにかくPVは踊りまくりで『ギャー!!なんだこのイカした黒人はっ!!』と大騒ぎでした。
最も影響をうけたアーティストの1人です。


そして、New jack swingで欠かせないのが、Guyテディライリーです。

Guy-Album-Cover.jpg


当時20才くらいだったというから驚きですが、有名なボビーブラウンヘビーD&ザボーイズアルBシュア、他にもマイケルのアルバム”デンジャラス”etc...数々の売れっ子をプロデュースしてます。


HIPHOPの歴史の中で、このプロデューサーもかなり沢山の天才がいると思います。

DJ プレミアピートロック、ウータンの総帥RZAエリックサーモンDr.Dre、・・・後半で言えばネプチューンズティンバランドetc.etc....
しかしこのプロデューサーやらドンと呼ばれる存在も時代によって多数存在しずぎるので羅列してもよくわからないですね・・・。


そして、この辺りからHIPHOPミュージックも西のギャングスタラップが入って来たり、忘れちゃいけないのがC+C Music factoryGonna make you sweatという曲。
当時爆発的に売れて、自分も始めて聞いた時は1日に何十回も聞いてそのたびにこの曲かっちょええ~。。。とシビれていた記憶があります。


↑誰もが知っている青春の名曲です。


またこんな感じで曲を書き出して行くとキリがないのですが、
とにかくこの頃TVでダンス甲子園が始まってダンサー人口が一気に増えた気がします。


そして、ダンサー目線ですが、ZOOのPVからマライアキャリーのバックダンサーであったElite Forceが日本に知らされ、Dream lover"Emotions"という曲などで、スマートかつPOPなどを多用したstyleが出現し、New schoolと呼ばれる時代に突入したのでした。


Elite Forceを始めて生で見たのは、DANCE DELIGHTのゲストが始めてで、もうあの衝撃は絶対忘れられないという程でした。もう言葉では表せられないね。


この頃のダンサーは100%近く影響うけてるんじゃないでしょうか。



そして、HIPHOPの音楽業界でも、NasやOGなどのちょっと未来がかったスタイルが流行り、エレクトロが流行り、多種多様化して、今の時代になってるわけです。(←ここハンパなく端折ってますが)


話を戻しますが、音楽アーティストとしての日本でのHIPHOPっていうと一般的には”スチャダラパー”が認知を広げた気がします。


日本人ってHIPHOP聞くとき、歌詞はわからないので、リズムや曲調でかっこいいものを選ぶと思うんですが、スチャダラパーは歌詞がわかりやすい。
適当なラップやギャグの様なリリックが多いんですが、逆に、HIPHOPの要素である皮肉やブラックな言い回しがところ狭しと並べられてて、HIPHOPを良く知っていないと出来ないニクいテクニックが満載なのです。


一部のコアなラッパーも多く登場してますが、日本では血で血を洗うような抗争が繰り返されていたわけではないので、コアな歌詞やアンダーグラウンド過ぎる内容は一般の人にはピンと来ず、伝わりにくかったんだと思います。


でも、この頃からずっとアンダーグラウンドを追求したラッパーは音楽的な幅やスキルを上げて現在たくさん活躍してますね。


HIPHOPの特性上、オーバーグラウンドよりもアンダーグラウンドの方が本物っぽいノリがあるので、そのへんも多種多様化してる気がします。
これは日本も世界も同じかもしれないけどね。


話が小難しくなってきたのでこの辺で締めようと思いますが、HIPHOPの歴史を語る上でわかりやすいのが、どうしてもアーティストさんと共に説明することなので、まだまだ紹介したい人は本当にたくさんいます。


顔だけ↓
1196120233.jpg

スヌープドギードックなんて紹介しないで終わると思いませんでしたが、『あ、この人のコト書いてこの人書かないわけにいかないよな~』と、
どんどん細かくなって行くので、泣く泣く終わりにします(笑)



とにかく、HIPHOPの歴史と謳って、創世記~90年代中心にある程度書いてきたけど、本当に多くの事柄の積み重ねで今のHIPHOPがあるので、今の若いダンサーさんは踊りのスキルと共にこういった知識を踊りに組み入れられると、スキルだけじゃなく、Dopeな曲の使い方だったり派手な曲じゃなくても意味を見出して曲に入り込んだり出来るとスッゲーカッコよくなると思います。


ダンスの技術だけではダンサーというジャンルでしかないと思います。


HIPHOPのダンサーとしてカッチョよく踊れる人が育てられたら本当に嬉しいですね。


最後はHIPHOPの歴史から外れましたが、この辺で~。

よければ過去のとか、も(クリック)見てみてね。雑だけど・・・。



また機会があれば、アーティストさんの逸話と共に紹介してみるかもですー。




今週木曜日は久しぶりのお休みだー!
鎌ケ谷あたりでチラシ配ろうかなー・・・
休もうかな・・・・

どないしよー



コメント

お久しぶりです!

ダンスの技術だけではダンサーというジャンルでしかないと思います。


HIPHOPのダンサーとしてカッチョよく踊れる人が育てられたら本当に嬉しいですね。


↑本当にそうですね!!!


みんな元気にしてますか〜⁇
たまたま見つけたらタツヤさんのブログに行きつきました!

僕も埼玉でダンスサークル立ち上げてやってまーす!


なかなか会う機会がないですが、よういちや直樹、タダくんによろしくお伝えください〜(>人<;)

2014.08.19  はるやです!笑  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ブログ内検索
ハイブラリンク
リンク
グラフティ広場
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
RSSフィード

Copyright ©HI-BRIGHT TIMES龍也のブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.