FC2ブログ

HI-BRIGHT TIMES龍也のブログ

ハイブラ龍也の日常日記ナリ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジレンマン

2014.05.30

category : 気持ち

先日ダンスフェスINZAIの2回目の会議に出席してきました。

こちらもオール明けの上に今年は来年に向けての企画や白井のほうに出るかもしれないとの事で、
色々話す事柄や時間も多くなってきてるので大変です。

そんな中、マイとソラのママも参加してくれましたー。
アリガトゴザマス~~!!

しかし、白井のほうもまたルールが違って、
出演時間を長くするには文化団体への登録などが必要で、その会費も年間1万円以上(ウチ人数が多いので)+一人100円とか中々費用も掛かってきたり。

でも、それでも大きな施設を借りて出るって事を考えるとずいぶん安いんだけどね。
それを立案して形にしてくれる人が居ないとこういうイベント自体もないわけで・・・。


そんなこんなで水曜キッズのLOLクラスからもうイベント用のルーティンに入ってまーす。
早めに入ることに越したことはないしね!!
大人クラスのHARLEM BEATはまだ考え中だけど、水曜クラスはどっちも人数がまだ少ないので、色々考えやすいほうです。

ただクラスがグーーーーーンと増えたので、ルーティンが大変なのもあるけど、
それ以上に衣装で悩む・・・・。

キッズから一般にあがった子もいるし、人数、性別、サイズ共に多いクラスは衣装が見つからないんです(>_<)・・・。
値段もなるべく安くしたいし・・・。


要はネットでいいもの見つけてもサイズがない、在庫がない。
そして、サイズも細かく見るとぶっちゃけ届いてみないとわからない感があるのですげー大変!!!!

同じ商品が1つ2つ足りないと意味がなくなっちゃうので、結局いろんなショップで探す。

探して探して見つかっても合計1個足りないとか、そしてそれも早く買わないと無くなっちゃう可能性もあるので
もうてんやわんやです。


去年まで立て替えてたりしたけど、さすがにこの人数はキツイので早めに見つけなきゃなーーー。


カッコイイの見つけると大体サイズないんだよなーーーー(>_<)


「お、かっこいい!!!しかも安い!」
ってなっても何かの理由で諦めるしかなくなる事ばっかです。


うーーーん。ジレンマ。



ジレンマと言えば、最近、
むかーしに書いた自分の生い立ちみたいなページをハイブラの自分のページにリンクがあるのを思い出して、久しぶりに読んだんだけど、
(興味があればお読み下さい⇒クリック(2006年に書いたものでかなり長いですよ笑)
HIPHOPを教えるにあたって、当時を思い出してどこまでリアルに伝えるのが出来るのかなー


なんて思いました。


最近は本当に日本のキッズたちのHIPHOPが流行っていて、教えるほうも進化してきたと思います。
その過程で、どうしてもHIPHOPとしてというよりはHIPHOPのダンスの技術を教えているだけってところがあると思います。


ストリートダンスといいつつストリートじゃないし、
HIPHOPのルーツというか、文化的な背景なしで進んでると思います。


もちろん入りからそんな難しい事言っても解らないし、つまらなくなってしまうとは思うけど、
自分はHIPHOPの音楽や文化にあこがれて、カッチョエエーーーとマジ思ってから自分で探求して仲間を探して、
色々失敗もして、良い事も悪い事も吸収してきた気がします。


ある意味HIPHOPぽい悪ぶる感じってのもその要素の一つだし、
基本黒人さんのHIPHOP MUSIC自体、反骨精神や自分たちの生きているバックボーンから平等や、GHETTOな生活からの不満なんかから生まれているので、歌詞が汚い。


歌詞も汚い表現や悪い表現、わいせつな表現も多いのです。


よく最近言われる気がするんですが、
キッズたちにあまりに汚い表現の曲や罵詈雑言的な曲は使わない配慮が必要ってこと。


たしかにキッズが元気よく笑顔で踊っているバックミュージックがFUCKだのSHITだのがあまりに多いと単純におかしい気もするのだけど、自分たちが触れてきたHIPHOPってものの中にそういう部分が多く入っている事もリアルなのです。


積極的にそこに触れさせる必要はないと思うけど、自分たちのかっこよいと思って経験してきたHIPHOPの文化の一つとして素直に伝えるにあたって全く無視は出来ない気もします。


この辺がジレンマなのです。


まあ、でも深く考えすぎず、自分が良いと思ったもの、カッコイイと思ったものを単純に伝えていけば良いのかな・・・?

別にHIPHOP講座を開く予定も全然ないけど、大人になってHIPHOP続けていくにあたって少しづつそういうのも理解していけばいいのかなーなんて思います。


むかし、RAVE2001というTRFサムさんがやってる番組で優勝したとき、
「技術的には問題ないけど、もう少しHIPHOPで言うところの”黒さ”って言うのが出せるともう一つカッコいいところに行けるのかな。」
と言われた事があります。
自分もジャッジしていたPEOPESというコンテストでも優勝と準優勝の差が
「技術ではなく、優勝したチームのほうがちょっとだけHIPHOPを深く知って愛していたんだと思います。」
とホリエさんが言っていたのを思い出します。
↑俺が言ったわけではない(笑)



やっぱりダンスって音楽ありきの部分があるので、そこを知る事で出る気持ち、パッション、DOPEな部分って大事なのだろうなーと思います。
ココの部分は形じゃないので、さらに難しい部分ですね。


その辺も含めて伝えていければ良いなーーーなんて日々思っております。




例によってまじめな話になってきてしまったのでこのへんで・・・。(笑)



コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ブログ内検索
ハイブラリンク
リンク
グラフティ広場
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
RSSフィード

Copyright ©HI-BRIGHT TIMES龍也のブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.